音楽誌 OUT of MUSIC 
アウト・オブ・ミュージック
編集長 吉田直樹 のブログ
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
SUPER JUNIOR-D&E 表紙・巻頭26P! OUT of MUSIC vol.54 アウト・オブ・ミュージック 11.29発売

SUPER JUNIOR-D&E 表紙・巻頭26ページ特集! 

OUT of MUSIC vol.54 

アウト・オブ・ミュージック

11.29発売

 

崎山つばさ with 桜men 取材終了! OUT of MUSIC #崎山つばさ with 桜men
崎山つばさ with 桜men 取材終了! OUT of MUSIC



11月 29日 OUT of MUSIC vol.54
表紙の理由
○表紙の理由

曲を聴いて
「うわ、音数少なっ! カッコいいし、センスいいわぁーー!。え? これも慶太く
んミックスまで!?」

ミュージックビデオを観て
「これまた、センスいいわぁーー! カッコ良すぎるでしょ! 演出の方向性とか、
どういう話だったんだろう?」

ツアー中とのことで
「これ、LIVEでどう演るんだろう? 気になる!」

これは、ちゃんと理由を聞かないといかん!

ということで

表紙でお願いいたします。


○取材中気をつけたこと

インタビュー中

「サウンドの話の場合、そのサウンドにどういう意味、意図があるのか、きちんと歌
の世界観、歌詞、伝えたいことに照らして、確認しよう」

「ついつい、面白い話に突入してしまいがちだから、気をつけよう」
(といいつつ、後半、涼平くんが、おもしろゾーンに突入してくれて、これはこれ
で、w-inds.らしい)


○結局感じたこと

w-inds.の仲の良さ、ぜんぜん変わってない、いつも感じる。

でも、ものすごい進化してる。

アーティストとしてものすごく高い位置を見据えている。

でも、普段のw-inds.はぜんぜん変わってない。

それがすごい。


○葉山くんの取材で印象的だったこと

やっぱり、王子様みたいだけど、ものすごい芯がある
(w-inds.は「内なる炎がすごい」といってましたね)

一人だと意外と喋ってくれる・笑

やっぱり、「音楽を創り続ける理由がある」人、と感じた。



OUT OF MUSIC PLUS Vol.53 販売店、ご予約、お取り寄せのご案内 w-inds. SUPER JUNIOR-YESUNG

OUT OF MUSIC PLUS Vol.53 販売店、ご予約、お取り寄せのご案内

 

OUT of MUSIC 53 PLUS 

全国書店、CDショップなどで販売しております。

お取り扱い店例

 

TSUTAYA、紀伊国屋、未来屋書店、ジュンク堂・丸善、文教堂、有隣堂、くまざわ・いけだ書店、宮脇書店、旭屋など、

書店チェーン や、

 

(OUT of MUSICを扱っているTSUTAYA 

(売り切れなどの場合もございますので、各店舗にてお問い合わせください)

 

タワーレコードHMVなどのCDショップ

 

タワーレコード全国各店舗の在庫状況、お取り寄せはこちら 

HMV全国各店舗の在庫状況、お取り寄せはこちら 

 

などで、ご購入可能です。

(各店舗の在庫状況などは、各店舗にてお問い合わせください)

 

その際、こちらの雑誌コードをお伝えいただくと、より簡単です。

 

雑誌05292-11
MUSIQ? SPECIAL OUT of MUSIC PLUS vol.53

こちら番号をお間違えのないようにお伝えください。

 

Amazonはこちら

OUT of MUSIC 53 PLUS 表紙 w-inds. 38P 2万8千字 表紙◆SUPER JUNIOR-YESUNG 三浦大知 葉山拓亮 BREAKERZ 伊東歌詞太郎 DANCE EARTH PARTY

OUT of MUSIC vol.53 【OUT of MUSIC PLUS】 

 

9月 26日発売

 

表紙 Υ頭 38ページ・2万8,000字特集!

 

w-inds.

―セルフプロデュース、その真価

 

完全セルフサウンドプロデュースシングル
『Time Has Gone』を問う

●なぜ『Time Has Gone』なのか、発想の原泉、歌詞・メロディ・トラックの理由
●MUSIC VIDEOで魅せた、楽曲のポテンシャル
●LIVEでの再現性、DANCE、パフォーマンスを問う
●初期名曲を手掛けた葉山拓亮が見る、w-inds.セルフプロデュースのインパクト

 

表紙巻末特集


SUPER JUNIOR-YESUNG 


豪華なステージ、上質なサウンド、心にふれる歌声
SUPER JUNIOR-YESUNG Special Live “Y’s SONG”
ライヴレポート

 

三浦大知
20周年の記念一夜
―思い出の雨に変わるように
“楽しさを共有したい気持ち”に満ちた幸福感に包まれたライヴ
DAICHI MIURA FREE LIVE “U” supported by uP!!!
2017年8月1日 代々木公園野外ステージ

 

葉山拓亮
なぜ音楽を作り続けるのか
ソロアーティスト、音楽プロデューサー、

Tourbillonのメンバー葉山拓亮
セルフカバーアルバム『Treasure Vox-covers-』

 

BREAKERZ
10周年 Special Albumアルバム『X(クロス)』

 

伊東歌詞太郎
自分を構成しているものを詰め込んだ、嘘のない作品
Album『二天一流』

 

DANCE EARTH PARTY
すべてを開放して弾けきる
Single『POPCORN』

 

----
連載
----
松下萌子